星のチュロス | 安心・安全な食への取組み

美味しさと・安全のために

168冊のチェック資料


チュロスの検査資料~

星のチュロスを生産している工場では品質・衛生管理に自信があります。


工場に入る人の体調管理や手洗い・消毒などの衛生検査、毛髪や金属など混入させない異物検査など

チェック管理に関する資料が168冊にもなります。


全従業員がそれぞれ検査担当責任者になることで、自発的に品質向上の意識が芽生え、

それがチュロスへの品質への自信となっています。

チュロス工場長
インタビュー

工場長に安心・安全でおいしいチュロスの取組を聞いてみました


1. 昭和・平成・令和にまたがって


---チュロスはいつからつくりましたか?

チュロス工場長 1988年5月2日につくりはじめました。昭和・平成・令和に(またがって)つくっています

---3時代にまたがってつくっておられるのですね。最初につくりはじめたときはどうおもいましたか。

チュロス工場長 本当に売れるものかと。。。ドーナッツといえば丸いのが普通でしたので長い(形)のものが本当に売れるかどうか心配でした。

---結果的にはどうでした?

チュロス工場長 年毎に少しずつ脚光を浴びてきて、(出荷が)伸びていったのが目に見えています。

2. 安心・安全へのこだわり


---特に気をつけられていることは何でしょうか?

チュロス工場長 おいしい物をつくる、これがモットーです。
でもこれだけ追い求めていてもいけません。安全そして安心、これを従業員みんなで確保しながら製造しています。

---事務所にチェック表が168冊ありました。それで毎日チェックされているのですか?

チュロス工場長 そうです。でも私一人で行なっているのではなく、品質管理の担当もいますし、従業員全員で、5冊担当している人もいれば、10冊担当するなど、従業員みんなで管理しています。

---クレームは出したことはありますか

チュロス工場長 日本の工場で、一般的に最も多いクレームというのは髪の毛のクレームだといわれています。私たちの工場では45分毎に、全員ロールがけをしてクレームを防いでいます